blogはじめました

タイトルは冷やし中華のごとく読んでいただけるとありがたいです(もう夏ですね...)。

はじめに自己紹介とこのブログについてです。
このブログの主な目的は研究や日々勉強したことの備忘録です。
特にネタがないときはアニメのこととか最近読んだ本とかを書き散らします。

筆者は大学院生で,情報工学を専攻しています。
好きな言語は python Java C# など 最近は画像処理やコンピュータビジョンに興味があり,その方面の記事を書いていく予定です。

はてなでブログを始めた理由はMarkdown記法が使えるということで,Markdownの練習にもちょうどいいかと思ったからです。
とりあえず週1更新を目指してちまちまとやっていこうと思います。

もしよろしければ見ていただけると幸いです。

今回は最初の記事なので私の好きな言語 Python についてお話ししようと思います。

Pythonってなに?

Pythonインタプリタ型のプログラミング言語です。 インタプリタ型なのでちょっとした作業を効率化するときにささっと立ち上げて,チョロチョロっとスクリプトを書けば動作させられます。(といってもWindowsにはPythonは標準搭載されてないけど)

Pythonはコードブロックを区切るのにインデントを用います.なのでCなどである
if(条件){
}

if(条件)
{
}
のどちらを使うべきかという不毛な戦争はありません。
参考
社畜ちゃん漫画まとめ | 社畜ちゃんBlog

また,インデントでコードを区切るため必然的に,プログラムの構造がわかりやすくなる言語です。

Pythonの特徴

Pythonは一行当たりのコスパが非常に高く,同じ処理をCで記述した場合に比べPythonでは1/6のコード量で済むといわれています。
プログラミング言語の比較 - Wikipedia

これは言語自体に色々便利な機能が搭載されていることに加えライブラリ(モジュール)が非常に豊富であるためといわれています。
特に科学技術向けのモジュールが豊富で,線形代数フーリエ変換機械学習数値計算などなどいろいろな処理がPythonのモジュールを使えば数行でかけてしまいます。

私がPythonを始めたのはこのモジュール群に惹かれてのことです。 大学での研究用にJavaやCなんかのプログラムを書くことがしばしばありましたが,コーディング自体は研究の本質でないため, 「車輪の最発明」のためにバグと戦うくらいなら,この豊富なモジュール群を使いこなすために勉強するほうがよっぽど有意義では?? と思ったことがきっかけでした。

実際に触ってみると使いやすいしやりたかったことが色々できるし(画像処理やら補間やら),Matplotlibという描画モジュールできれいにグラフを掛けたり といいこと尽くしでした。

Pythonを勉強するときに参考にしたサイト

最後に私がPythonを勉強するために参考にしたサイトをいくつか 挙げておきます。

  • 本家のサイト
    www.python.org
    Pythonの実行環境を作るときにどうぞ
    Python2.xとPython3.xで文法が微妙に違ったり,モジュールが未対応だったりするので とりあえずはPython2.xを入れるのが無難かと

  • 科学技術計算のためのチュートリアルサイト

1. 科学技術計算のために Python を始めよう。 — Scipy lecture notes
基本はこのサイトで勉強しました(配列のスライスとか描画の仕方とか)

  • インストールの参考
    http://www.aoki.ecei.tohoku.ac.jp/~ito/python_windows.html/
    色々なモジュールを入れるときの参考に
    基本はpipやeasy_installというモジュール管理ツールを初めにインストールし,あとはツールからお好きなモジュールをインストールする
    モジュール間で依存関係があったりするので注意

  • プログラミング
    www.udacity.com Pythonに限ったことではないけれどプログラミングやコンピュータサイエンスを勉強するときに便利なオンライン学習サイト
    英語メインだけどコースによっては動画に日本語字幕がついている

とりあえず最初の一回目は以上です。
気になった方はぜひPythonはじめてみませんか?
Pythonはいいぞ!!