読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle Unlimited

8月に入りますます暑くなってきましたね。 夏といえば海行ったり、山行ったり、祭りに行ったりと楽しいイベントがありますが、この暑さではちょっと外にでるのは苦痛ですよね。
ここはひとつ冷房の効いた部屋で本を読んだり、プログラミングしたり、アニメやニコ動見るのが一番な気がしてきます。
  

読書といえばアマゾンの電子書籍読み放題のサービス「Kindle Unlimited」がはじまりましたね。
早速無料お試ししているんですけど、マイナビ出版の技術書が対象書籍になっているおかげでお勉強がはかどりそうです。
中でも"買い"だなと思ったのがセバスチャン・スラン氏の 確率ロボティクス が読めちゃうところです。

確率ロボティクス (Mynavi Advanced Library)

確率ロボティクス (Mynavi Advanced Library)

スラン氏はスタンフォード大の教授でgoogleの副総裁にして自動運転技術の第一人者です。また同氏が設立したUdacityというオンライン学習サービスで自動運転技術の講義が見れちゃいます。   

ところで自動運転や、最近ではお掃除ロボットなどの位置推定に用いられている手法にSLAM(Simultaneous Localizetion And Mapping)というものがあります。

これはセンサを使って周囲の情報を収集し、自分の周囲の環境の地図を作りながら自分の位置推定を行う手法で、確率ロボティクスではSLAMやそれに関連する技術についてわかりやすく説明されています。
翻訳書ですが日本語でここまでまとまっていて整理されたSLAMの解説はないんじゃないかと思います。   

ちなみに定価だと7000円くらいした記憶があるんですが、Kindle Unlimitedを利用すれば月額980円で読めてしまいます!
いやぁ太っ腹だなぁ!その調子でどんどんやってくれ!
  

僕は去年Kindle版を買ったのでちょっと損した気分ですが...

  

いずれにせよこういった優れた書籍(そして学生には高価な書籍)がたかだか1000円で読み放題っていうのは夢みたいな話ですね。 個人的にはオライリーの本も対象書籍にならないかなぁなんて思っていますがどうでしょうかね。
  

技術書以外でもマンガや小説で読みたかった本が色々と読めるので今年の夏は引きこもり読書ライフがはかどりそうです。
では、まだ読みかけの本があるのでこれくらいで終わります。